クレジットカードを失くしたらどうしたら良いのか

クレジットカードが失くなったと気づいたら、不正利用を防ぐためにすぐに会社にクレジットカード会社に連絡します。

24時間受け付けているので、いつでも連絡できるように連絡先のメモを残しておくと便利です。


会社に連絡したら警察に相談します。紛失した時には補償を受けることができますが、警察に届出をすることが条件です。


届出番号を会社に知らせたら警察に行ったことが分かるので、紛失が嘘でないことを証明できます。

ここまではクレジットカードを失くした日にすることで、数日後に会社から新しいカードを発行するための書類が送られてきます。


手続きを終えてから1週間ほどで手元に届くので、二度と紛失しないように注意して生活します。カードの番号は新しいものに変わっているため、公共料金の支払いなどをカードで行っている場合は、登録内容を変更しなければなりません。



警察に届出をしてから60日以内に不正利用されたら、その分のお金は補償されるため、自分で負担することはありません。
地震などの災害で混乱が生じ、カードを紛失した時は補償に含まれないのが一般的です。
災害は突然起こるので対処が難しいですが、不正利用による損害を予防するためには、避難時にお金などと一緒にカードも持っていく必要があります。



失くなったと考えていたクレジットカードを自分が持っていた場合、会社と警察に連絡します。


もちろんそのカードは利用できないので、新しいカードを使うことになります。