クレジットカードの還元率にこだわるなら

クレジットカードを利用すると、利用額に応じてポイントが貯められるカードが多いです。



100円につき1ポイント貯められるカードが最も還元率が高いですが、使用先が自社のサービスのみに限られていることもあります。1000円につき1ポイントがつくカードは一見還元率が低く思われますが、ポイントの有効期限がなく、他の電子マネー等のポイント、ギフト券や商品の交換とも可能な場合があり、使用先が多いこともあるのです。還元率でクレジットカードを選ぶのであれば、よく利用する店舗での買い物でお得になるのかを基準にしてみるといいでしょう。

せっかくポイントが貯められても、利用しにくければ使い勝手が良くありません。


信販系のクレジットカードの中には、提携の店舗やサービスが幅広く、還元率の高さで人気を呼んでいるものもありクレジットカードの人気ランキングで上位に位置しているものも多いです。ポイントの付与率が常に1%以上で、年間の利用額によっては次年度のポイント率が上がるカードも新たに発行されていますし、ポイント以外にキャッシュバックする形で、月々の支払額が常に1割引の状態で利用できるカードもあるのです。

信販会社では、リボ払い専用のクレジットカードも発行されていることが多く、通常のカードよりも還元率が高くなっている場合があります。

リボ払いは月々の支払いを一定にする返済方法ですので、その分返済に時間がかかり利息額が大きくなる傾向にあります。

利息が大きくなることを加味して、ポイントの加算率を大きくしていると思われます。



しかし、支払額を大きめに設定すれば、一括払い同様の支払い方もできます。カードの仕組みに納得した上で、サブカードや2枚目以降のカードとして保有を検討してみるといいでしょう。



意外な事実

クレジットカードについてですが、こちらを作る際には必ず個人情報として、金融機関指定の専用のCICに登録されるのが絶対不可欠です。この情報機関としましてはどういったことが行われているかといいますと、個人の支払い債務に遅れがないのか、またどこからどれだけ借り入れをしているのか、実際にどれだけのカードを保有しているのかを情報として、共有する機関でございます。...

more

金融関係の情報

クレジットカードはカード一枚で支払いを済ませる事が出来て便利ではあるのですが、カードを作ったからといって全ての支払いをカードだけで済ませる事が出来る訳ではないです。カードが利用できるのはクレジットカードの加盟店だけであり、加盟していないお店では残念ながら使用する事は出来ないです。...

more

ためになる金融

クレジットカードがあれば、どこででも買い物を行うことができます。スーパーに買い物に行く機会は多くなっていますが、買い物するときにクレジットカードを利用すれば、小銭を出したりお札を出す必要がなくなってくるのです。...

more

金融の事柄

クレジットカードが失くなったと気づいたら、不正利用を防ぐためにすぐに会社にクレジットカード会社に連絡します。24時間受け付けているので、いつでも連絡できるように連絡先のメモを残しておくと便利です。...

more